窓ガラスやサッシをきれいに掃除する方法

窓ガラスやサッシをきれいに掃除する方法 掃除

 手間がかかるので、どうしても後回しになってしまう窓ガラスの掃除。年末の大掃除のときにしかしないという方も多いようです。窓ガラスは常に雨風にさらされいるので、外側は特に汚れやすいです。また、内側も手垢などで汚れてしまいます。

 家の窓がいつもピカピカできれいだと気持ちがいいものです。この記事では、手間をかけずに、窓ガラスをきれいに掃除する方法を紹介します。

窓ガラス掃除の基本

 窓ガラスは内側は手垢や油汚れ、外側はほこりや泥汚れがほとんどです。内と外とで汚れ方が違いますので、当然、掃除の仕方も違ってきます。

 内側はガラス用の洗浄剤で拭くのが効果的です。スプレーを「シュー」と吹きかけ、乾いた雑巾で拭いてやるのが基本です。

 そして外側は水拭きが効果的です。一度、軽く絞った雑巾で拭きとりその後、固く絞った雑巾で拭き、最後に乾拭きしましょう。みちがえる程、きれいになります。

お手軽ガラス掃除に新聞紙(小技)

 そんなに頑固に汚れが付いていない窓ガラスなら、新聞紙で拭いてやると、とてもきれいになります。新聞紙を丸めて水をつけ軽く絞ってガラス全体を拭き取ります。そして、水分が乾いていないうちに、乾いた新聞紙で乾拭きをすれば、おどろく程ピカピカになります。

窓がガラスの隅は塩で掃除(小技)

 窓ガラスの隅は、ほこりや泥などが固まって、なかなかきれいにするのには苦労します。そんな隅に貯まった頑固な汚れを落とすには、塩を使います。雑巾を水で湿らせ、塩を少しつけて汚れた部分をこすります。汚れが取れやすくなります。

サッシの掃除はハケを使う(小技)

 サッシの溝は、ほこり等が貯まると、拭き掃除だけでは細かい所まできれいにする事ができません。そんなサッシの溝掃除には、ハケが便利です。

 幅が広めで毛が柔らかく、こしのあるハケ(ダスターバケ)が便利です。使い方は、まず乾いた状態でほこりを掻き出します。そしてハケを水でぬらしながら、何度か洗い流してやります。そして最後に固く絞った雑巾で拭いてやれば、きれいになります。

窓ガラスの押さえゴムのかびとり(小技)

 窓ガラスの押さえゴムは、かびがつきやすく、一度かびがついてしまうと、通常の掃除では取る事ができません。そんなかびを取るには、台所用の漂白剤(塩素系)を使います。

 半分ぐらいに薄めた漂白剤をかびのある場所にハケで塗ってやります。かびが漂白されれば固く絞った雑巾で拭き取ります。一度で漂白されないときは、何度か塗りこんでやりましょう。

網戸の掃除(小技)

 網戸の掃除の基本は両手で固く絞った雑巾を持ち、網戸をはさみこむように表と裏を同時に拭き上げます。この方法できれいにしようと思えば結構面倒です。そこで、部屋の掃除のついでに網戸もきれいにする方法に、掃除機を使う手があります。

 網戸の外側に新聞紙などをあて、内側から掃除機をかけてやります。新聞紙などをあててやらないと、風を吸い込むだけで、ゴミを吸い取ってくれませんので注意してください。

ガラスについたシールを取る方法(小技)

 窓ガラスにこびりついたシールやテープなどの跡は、拭き掃除では取る事ができません。シールの跡をとるにはカッターの刃を使います。

 シールのついた所を水でぬらし、カッターの刃を寝かせてシールの跡をそぎ取ってやります。一度、ドライヤーなどで暖めてやると、さらに取りやすくなります。

ペンキ塗装の窓枠掃除(裏技)

 ペンキ塗装をした窓枠を掃除するときは、洗剤は厳禁です。ぺんきは洗剤に弱くはげてしまいます。又、水にも弱いので乾拭きがおすすめですが、どうしても水拭きが必要なときは、冷ました紅茶で拭いてやりましょう。水拭きするよりもペンキがはげにくくなります。

サッシの溝を掃除する方法 (裏技)

 サッシの溝は雑巾で拭いても隅々の汚れまでは取れない事が多いです。そんなときに便利なのがスポンジのタワシです。スポンジのタワシにカッターナイフで縦横1㎝間隔で、スポンジの半分位の深さまで切り込みを入れます。スポンジに水を含ませてサッシの溝を往復させます。隅々まで、綺麗になります。これは、スポンジの切り込みがサッシの凸凹に密着しているからです。お風呂の蓋なども綺麗になりますよ。

窓の結露を防ぐ方法(裏技)

 冬場、窓の結露を防ぐには、決定的な手段ではありませんが、台所用洗剤を薄めた雑巾で、結露をおこすサッシや窓枠を拭いておけば、若干の防止となります。

掃除
スポンサーリンク
tomatoをフォローする
スポンサーリンク
節約生活・暮らしの知恵袋

コメント