和室の手入れと掃除をする方法

和室の手入れと掃除をする方法 掃除

 和室は洋室に比べて繊細な素材で出来ている部分が多く、 時間がたつと傷みやすいといった特徴があります。 そのため、どういう風に手入れをすればいいのか、分からないという人も多いと思います。

 畳や障子、ふすまなどそれぞれの特徴を把握しておくと掃除は楽になります。この記事では、和室を簡単に掃除するコツやプロにお願いするほどでもないけれど、ちょっと気になる傷や汚れを補修する方法を紹介します。

畳の掃除の基本

 畳の掃除の基本は、畳の目に沿って掃除機をかけることです。目に反して掃除機をかけると、畳を傷める原因になります。

 水拭きをするときも、畳の目に沿って拭いてやります。畳を水拭きするときは、バケツ1杯分の水に対し酢をおちょこ1杯分入れた酢水で、固く絞った雑巾で拭きますと、汚れが良く落ちますし除菌効果もあります。畳は水分を嫌いますので、水拭きの後は乾拭きも忘れずに行なってください。

畳の目詰まりは塩でとる(小技)

 畳の目の中に、ゴミやほこりなどが入り込んで、詰まってしまった場合は、あら塩を使います。あら塩を詰まったところにふりかけ、塩のまわりをたたいてやると、ゴミが浮き出てきます。後は念入りに掃除機をかけてやりましょう。

畳のへこみを直す手入れ方法(小技)

 家具やテレビなど、長期間、同じ場所に置いていると、畳がへこんでしまうことが、よくあります。そんなへこみを直すには、アイロンを使用します。

 畳のへこみ部分に固くしぼった濡れタオルをあて、アイロンで蒸しますそうすると、へこんだ部分が膨らんできます。部屋の風通しをよくし、晴れた日の午前中、湿度の低いときに行うのがこつです。

畳の黄ばみを漂白する手入れ(裏技)

 日焼けによって黄ばんだ畳を漂白するには、みかんの皮の煮汁を使います。みかんの皮5つ分ぐらいを1リットルの水で15分ぐらい煮ます。冷ました後、煮汁をこし、その煮汁を使って雑巾を固く絞り拭きます。畳の表面を傷めないように、目に沿って雑巾がけをするのがコツです。

 黄ばみの予防は、バケツ1杯分の水に対し酢をおちょこ1杯分入れた酢水で、固く絞った雑巾で、拭きます。張替えをしなくても案外きれいになる

黄ばんだ畳を復活させる(裏技)

 畳の古くなってくると、黄色く変色してしまいます。そんな黄ばんだ畳を緑色に復活させるのが、抹茶です。お湯で溶いた抹茶を雑巾に含ませ固くしぼって畳を拭きます。新品同様とまではいきませんが、多少緑色が復活します。

焼け焦げを目立たなくする方法(小技)

 焼け焦げが小さい場合は、焦げ部分を台所用の漂白剤を5倍ぐらいに薄め、焦げ部分を漂白します。

 焦げが大きい場合は、金たわしで焦げ部分をこすり取ります。こすった部分がささくれた状態になるので木工用ボンドを水で十倍ぐらいに薄め、ささくれ部分の目に沿って、ボンドを塗ります。

クレヨンの落書きを取る方法(裏技)

 畳にクレヨンがついてしまった時は、歯磨き粉を使います。歯ブラシに歯磨き粉をつけ、畳の目に沿って、クレヨン汚れを磨いてやります。

 ある程度、磨いたら汚れが浮き出てきますので、歯磨き粉をぬぐいとり、乾燥させます。さらに乾いた歯ブラシで再度、目に沿って磨いてやると汚れが浮き出てきます。

赤ちゃんやペットの尿(小技)

 畳に、赤ちゃんやペットの尿が発見したときは、すばやく乾いたタオルなどで吸収させます。そして念入りに水ぶきしましょう。臭いが染み付いてしまった時は、酢をかけて水拭きすると、取れる場合があります。どうしても臭いが取れないときは、逆性せっけんを1000倍ほどに薄めて水拭きします。最後は乾拭きを忘れないで下さい。

畳にインクをこぼした時は(裏技)

 インクや墨汁を畳にこぼしてしまった時は、こすらずにキッチンペーパーなどで、インクを吸い取ってから、牛乳を染み込ました雑巾でたたき拭きをするときれいになります。万が一、染みになった時は、漂白をしましょう。

和室の補修

壁のはがれを防止する方法

 砂壁や繊維壁は古くなるはがれやすくなります。はがれ防止には木工用ボンドを10倍ぐらいにうすめ、スプレーで壁に全体的に吹きつけます。ボンドは乾き、固まるとはがれにくくなります。またボンドは固まると透明になります。

くぎ跡を補修する方法

 柱などの木部分のくぎ等を抜いた跡に出来る、抜き跡を目立たなくするには、つまよう枝を使用します。

 つまよう枝の先に木工用ボンドを塗り、穴に差し込みます。柱の面に合わせて、つまよう枝をカットします。つまよう枝よりも大きな穴の場合は、割り箸などの先を穴の大きさに合わせて適当に削り、同様にします。

敷居のすべりをよくする方法

 ふすまや障子が、以前より開閉しにくくなった場合はろうそくをつかいます。ふすまや障子を取り外し、下のレールのゴミを取り除きます。もし木がささくれ立っているようでしたら、あらかじめ、サンドペーパーで、磨いておきます。そして、ろうそくの裏側(芯のないほう)をレールにまんべんなく、塗りこんでいきます。

障子を漂白する方法

 障子紙は、古くなると日焼けして、黄ばんできます。張り替えれば良いのですけれど、結構面倒なので、やぶれていない場合は、漂白剤で白くします。

 水10に対し、台所用の漂白剤を1、洗濯のりを2、入れよくかき混ぜて、はけで障子紙を塗ります。注意する点は、廻りの木(桟)部分に漂白剤水がつくと、その部分も漂白されますので、垂れないようにはけぬりするのがこつです。

障子を破れにくくする裏技

 障子紙を破れにくくするには、寒天を使います。薄く寒天を水で溶き、はけで塗りつけてやると、破れにくくなります。

柱のへこみを直す方法

 白木の柱に、物などをぶつけてしまい、へこんでしまった箇所は、アイロンで直します。へこみ部分に濡れタオルをあて、上からアイロンを当ててやれば、へこんだ箇所が元に戻ろうとします。何度か繰り返すと良いでしょう。

ふすまの下のごみを取る裏技

 ふすまや障子の下にたまった、ほこりやゴミを取るには、輪ゴムが便利です。輪ゴムを2、3個ふすまや障子の下に入れて、開け閉めするだけで輪ゴムにほこりやゴミがからまり、一緒に出てきます。

押入れの湿気対策方法

 押入れは、湿気がこもりやすく、カビやダニが発生する原因になります。湿気を防ぐためには、底に新聞紙をしき、その上に、すのこをおきます。さらに除湿剤を置いておくと効果的です。天気の良い日など、時々ふすまを開けて、換気をしてやりましょう。

掃除
スポンサーリンク
tomatoをフォローする
スポンサーリンク
節約生活・暮らしの知恵袋

コメント