おばあちゃんの知恵袋 切り傷・虫刺され

おばあちゃんの知恵袋 切り傷・虫刺され 民間療法

ここで紹介している民間療法を試す場合は、自己の責任においてお願いします。人によっては、体に合わない場合もありますので容態が良くならない場合はすぐに医療機関で受診するようにしてください。

切り傷・虫刺されの応急処置

切り傷や擦り傷の応急処置

 切り傷や擦り傷の処置で大切なのは、止血と感染を防止することです。ケガをしたら、清潔な水で洗浄し、砂やゴミなどの異物を取り除いてください。ばい菌による感染防止対策は、清潔な水で洗浄するのが一番良い方法です。

 つぎに止血ですが、出血が軽い傷の場合は、傷口を心臓より高い位置にして、数分間ブルブルと細かく振り続けます。出血がひどいときは、傷口を心臓より高い位置にして、手で押さえつけます。出血が止まれば、適切な「創傷被覆材」を使用して患部を保護しましょう。傷が深いときや感染の恐れがあるときは、すぐ病院へ行くようにしてください。

虫刺されの応急処置

 虫に刺された場合には、刺した虫を特定することが大切です。万が一、症状が重くなったときには、治療の際に必要になります。

虫に刺されたら次のようにケアをします。

  • 炎症を抑えるために冷たい水で洗い流します
  • 毛や針が刺さったっている場合は、ピンセットで慎重に取り除きます
  • 氷をタオルなどに巻いて患部に当て冷やします
  • かゆくても、かかないようにして早めにかゆみ止めの薬を塗りましょう
  • 腫れやかゆみが強い場合や、症状がおさまらないときは、早めに皮膚科を受診しましょう

かゆみを伴う虫に刺されたら

 虫に刺されたときに、多い症状はかゆみです。かゆみは肌に炎症を起こすことで起こります。通常はしばらくたてば、かゆみは治まりますが、痛みや腫れ、むくみなどの反応が出ることもありますので注意してください。

 刺された直後からかゆみを強く感じますが、ほとんどの場合、大事には至りません。薬を塗るって、かゆみを減らしましょう。

ノミ

 さされると1~2日後に赤い発疹とかゆみがあらわれます。症状がひどい場合だと水疱ができることもあります。 ノミのかゆみの症状は市販の薬では緩和が難しいです。そのまま放置すると痕になってしまうこともありますので、病院に行くのが一番です。もし、すぐに病院へ行けない場合は、抗ヒスタミン(かゆみ止め)成分含有のステロイド外用剤を使用します。

ダニ

 ダニに刺されやすいのは、二の腕やふともも、ワキやお腹など柔らかいところです。刺された箇所は赤くはれ、かゆみを引き起こします。ダニに刺された場合は、患部を洗い流し、抗ヒスタミン成分含有のステロイド外用剤を使用します。

ぶよ

 ぶよに咬まれると出血します。また、体質によってはアレルギー性の強い腫れやかゆみを引き起こします。ぶよに咬まれた場合は、患部を洗い流し、抗ヒスタミン成分含有のステロイド外用剤を使用します。酷い場合は、病院へ行くことをおすすめします。

アブ

 ハチサイズの虫で皮膚をかみ切って吸血します。咬まれるとチクっとした激痛に襲われます。また、次第に激しいかゆみと腫れが起こります。 腫れは2日ほどで治る場合が多いです。

痛みやショックを伴う虫に刺されたら

 虫刺されの症状で一番怖いのが、全身に激しいアレルギー反応が起こるアナフィラキシー・ショックです。スズメバチやアシナガバチ、ムカデなどで発症する場合があります。短時間で全身のじんましんやおう吐と呼吸困難、意識障害が起こります。そうなると、命の危険があるため、容態が急変したら救急車を呼ぶなど、すぐに医師の治療を受けてください。

おばあちゃんの知恵袋 切り傷・虫刺され

かぶの根

かぶの根っこを、毒虫に刺された箇所に塗ると効きます。

お茶の葉

お茶の葉を口で噛み潰し、傷口に貼ると止血と殺菌効果があります。

卵の白身

卵の白身をとき、傷口に塗ってやると、細菌の感染を防ぎます。

卵の薄皮

ゆで卵の殻の内側の薄皮を、傷口に貼りつけると、細菌の感染を防ぎます。

塩と番茶

傷口に塩をつけ、番茶をガーゼに染みこませて傷口の上にのせておくと、止血と殺菌の効果があります。

にらの汁

虫にさされた箇所にニラの茎の汁をつけると、炎症を抑えます。

きゅうり

よく熟したきゅうりや生の葉をもみ、毒虫に刺された箇所に塗ると効きます。

ふきの葉の汁

虫にさされた箇所にふきの葉の汁をつけると、炎症を抑えます。

ごぼうの汁

虫にさされた箇所にごぼうの汁をつけると、炎症を抑えます。

よもぎの葉の汁

虫にさされた箇所に、よもぎの葉を口で噛んでつぶしたものをぬりつけると、炎症を抑えます。

クリの葉の汁

虫にさされた箇所に、クリの葉をつぶしたものをぬりつけると、炎症を抑えます。

どくだみ茶

どくだみ茶を常飲すると、蚊にさされにくくなります。

せっけん水

蚊に刺された箇所に、せっけん水を塗りつけると、かゆみがおさまります。

梅干の果肉

蜂に刺された箇所に、梅干の果肉を塗ってやると、蜂の毒を中和してくれます。さらに黒砂糖を塗ってやると傷みがおさまります。

干し柿

蜂に刺された箇所に、干し柿を酢につけたものを貼り付けると効きます。

ぎんなん

虫刺されには、新鮮なぎんなんをカットして患部に塗ると効きます。

民間療法
スポンサーリンク
tomatoをフォローする
スポンサーリンク
節約生活・暮らしの知恵袋

コメント