キッチンをきれいに掃除する方法

キッチンをきれいに掃除する方法 掃除

 キッチンを掃除するときに困った汚れの原因は、「油汚れ」や「水垢]、「ぬめり]などの、頑固にこびりついた汚れです。頑固な汚れは、キッチン掃除用の専用洗剤でないと、なかなか落とすことができません。

 そんな面倒なキッチンの掃除ですが、いつもきれいにしておくには、コツがあります。毎日、清潔にキッチンが使えるように、気になる部分の掃除の方法を紹介します。

シンク周りの掃除の基本

 キッチンのシンク周りは、水垢やぬめりがつきやすいところです。シンクには油汚れや水垢、食材カスなどが付着します。放置していると、どんどん落ちにくくなるため、汚れが固まってしまう前に、こまめな掃除が大切です。毎日、食器洗いのあとには、流しの内側を洗う習慣をつけましょう。ステンレスには細かい目がありますので、それに沿って食器洗い用洗剤をつけたスポンジで軽く磨いてやります。

 排水口には、洗い物が終わったあとに、50度くらいのお湯をかけるのがおすすめです。洗面器1杯くらいのお湯を排水溝に流します。すると、油分が固まってしまう前に液体となって流れてくれるので、汚れが溜まりにくくなります。また、排水溝の雑菌や臭いも、取ってくれます。

シンクの磨き方(小技)

 台所のシンクの周辺は、こまめな掃除が必要です。スポンジに食器洗い用の洗剤をつけてこまめに磨いてやると、それほど汚れてくるものではありませんが、掃除を怠ると水垢やぬめりがこびりつき、スポンジと食器洗剤だけでは汚れを落とすことが困難になってきます。

 汚れたからといってクレンザーやスチールタワシなどで磨き洗いをすれば、大事な台所のステンレスに傷がついてしまいます。傷をつけずにきれいに汚れを落とすには小麦粉と酢が便利です。小麦粉に酢を混ぜ合わせ、ペースト状になったものをスポンジにつけて台所のステンレスを磨けば、汚れをとってくれます。

 ステンレスの光沢がなくなってきた場合は大根の切れ端で磨いた後、レモンの皮で磨いてやるとピカピカになります。

水道蛇口は重曹で(小技)

 水道の蛇口がくすんでしまって光沢がないと、せっかくきれいに掃除したキッチンも台無しです。水道の蛇口付近は、水道水に含まれる鉱物が固化したスケールと呼ばれる汚れの付着が一番やっかいです。この汚れは通常の洗剤では落とすことが困難です。

 そんな、スケールを取るには重曹を使いましょう。水で湿らした重曹をふりかけ磨いてやると、見違えるほどの光沢がよみがえります。細かいところは、使い古した歯ブラシを使って磨いてやれば、きれいになります。さらに重曹で磨いた後、酢で湿らせてやると、重曹のアルカリ分を中和してくれますし、抗菌効果が期待できます。

裏技排水口ぬめりは10円玉で(小技)

 シンクの排水口は、水垢やぬめりですぐに汚れてしまいます。又、放っておくと悪臭の原因にもなり、衛生的にも良くありません。そんな水垢やぬめりを防止するには、専用の薬剤が売られていますが、実は家庭にあるもので代用する事もできるのです。

 そのあるものとは実は10円玉です。10円玉を5枚ほど使い古いしのストッキングに入れ、排水口にぶらさげておけば、銅がイオン分解の作用で汚れとぬめりを予防してくれます。又、アルミホイルにも同じような効果があります。

シンクの周りのついたゴミを簡単にきれいにする方法(裏技)

 ゴム風船を用意し、風船の底に1cm程の切り込みを入れます。水道の蛇口にそのゴム風船を被せ、蛇口を開けて水を出します。すると勢い良く水が出て、流しの隅々迄まで、自由自在に水をかける事が出来ます。これは、液体が風船に入った量だけ出るという、連続の式の原理が働いているからです。

換気扇クリーニングの基本

 キッチンで汚れがひどく、また掃除が面倒なのが、レンジフードです。長い間放っておくと、油がこびりつき、簡単には落ちません。また、故障の原因にもなります。普段は、別つけのフィルターを取り付け、内部に油汚れが入り込まないようにしておきましょう。

 レンジフードのフィルターやファンまで、汚れがこびりついてしまった場合には、取り外して掃除をします。住居用洗剤を40~50℃くらいのぬるま湯で薄め、1時間ほど浸け置きをし、汚れを浮かしてから、スポンジや使い古しの歯ブラシでこすり洗いをしましょう。

 レンジフード本体は、軽い汚れの場合には、ぬるま湯にひたして軽く絞った布で拭きます。ひどい汚れの場合には、湿布方法が効果的です。台所用洗剤をぬるま湯で薄め、ティッシュやキッチンペーパーにしみ込めせ、汚れ部分に貼りつけます。そして、15~30分ぐらい放置し、ペーパーごと拭き取ります。その後、洗剤分が取れるまで、湯につけた布でよく拭き、から拭きをして 仕上げます。

つけ置き洗いのアイデア(小技)

 換気扇のつけ置き洗いに便利なのが、ゴミ袋です。本体のフィルターやファンがスッポリ入るゴミ袋を使いましょう。大きめのファンやフィルターの場合には、ダンボールの中にゴミ袋を広げてると、全体をお湯に浸けることができます。また、つけ置き洗いの洗剤の代わりに、食器洗い用の洗剤を使う場合は、重曹を少し入れてあげると洗浄効果がアップします。

換気扇掃除は夏がおすすめ(小技)

 換気扇の油汚れは、温度が高いと汚れが落ちやすいです。つけ置きのお湯も、温度が高いほうが汚れが落ちやすいのですが、熱すぎるとやけどの恐れがありますので、40~50℃くらいのぬるま湯で浸け置きをします。そういった理由で、冬より夏場に掃除した方が良く落ちます。つけ置きのお湯も冷めにくいので夏場の換気扇掃除はおすすめです。

換気扇の汚れを灯油で落とす(裏技)

 換気扇やレンジフードの普段の掃除ではなかなか取れない「べとべと」汚れは、掃除するのに大変苦労します。換気扇用の外付けの別フィルターをつけていても、どうしても内部にまで汚れが入り込み、掃除をしなければいけなくなってきます。そんな頑固な汚れは、通常の洗剤ではなかなか落とすことができません。換気扇専用の洗剤があれば油を浮かして汚れを落とすことが出来ますが、その代用として灯油が使えることはご存知でしょうか?

 換気扇の油汚れを油で落とすとは何とも不思議な話ですが、実によく汚れを落としてくれます。ぼろ布に灯油をしみこませ拭いてゆくだけで、おもしろいように汚れが落ちます。

換気扇の油汚れドライヤーで浮かす(裏技)

 換気扇の油汚れにはドライヤーを強にして、熱風を30秒間、当てて暖めます。その後、乾いた布などで拭き取ります。洗剤を使わないでも案外きれいに落とすことができます。これは、飛び散った油汚れが冷えて固まって取れ難く成ってしまっているのをドライヤーの熱で油を温め、取れ易くしているのです。因みに水で絞った布では油と水が反発して取れません、必ず乾いた布で拭き取ってください。

換気扇に汚れを付着させない(裏技)

 換気扇を掃除した後、汚れが付着するのを予防するには、洗濯用の柔軟材が利用できます。効果は、それほど長くは続きませんが、次の換気扇掃除が楽になります。

ガスレンジ掃除の基本

 キッチンのガスレンジの汚れは時間が経てば経つほど、落としにくくなります。ふきこぼれや油汚れは、気が付いたときにこまめに拭き取りましょう。料理が終わり、まだ温かいうちにふきんで「さっと」拭くだけできれいになります。

 軽くこびりついた汚れを落とすには、重曹水が便利です。スプレーに重曹を小さじ1杯に対して、200mlのぬるま湯を入れ、混ぜ合わせます。この重曹水をレンジが温かいうちにスプレーしてから水拭きをします。100均に掃除用の重曹が売っていますので、使ってみてください。

 五徳にこびりついたガンコな黒い汚れは、重曹湯に一晩つけ置きをします。重曹の濃度は1リットルのお湯に対して、大さじ1杯です。お湯の温度は高いほうが良いです。つけ置きすると、汚れが浮きあがりますので、そんなに力を入れなくても、落とすことができます。

飲み残しのビールで掃除(裏技)

 ガスレンジの汚れは、こまめな掃除を怠ると、汚れがこびりつき、磨かなければ取る事が出来なくなります。そんな時には、実はあるものが役に立つのです。そのあるものとは、飲み残しのビールです。ふきんにビールを含ませて拭いてやると案外簡単に汚れを落としてくれます。台所の油汚れ全てに有効です。

掃除
スポンサーリンク
tomatoをフォローする
スポンサーリンク
節約生活・暮らしの知恵袋

コメント