電化製品の掃除方法

電化製品の掃除方法掃除

 電化製品は、静電気の力でホコリを吸い寄せますので、思った以上に汚れています。 しっかりと手入れをしておくことで、使う時に気持ちよく利用できるだけでなく、電化製品の寿命にも影響します。この記事では、日常よく使う電化製品をきちんと手入れする方法を紹介します。

キッチン家電の掃除方法

電子レンジの汚れ落とし

 電子レンジの中の汚れを落とすには、蒸気で汚れを浮き上がらせてから取るのがコツです。コップに水を入れ、ラップをせずに5分ほど加熱します。この時、半分ぐらいに薄めた酢水を加熱すれば、除菌と消臭も出来ます。

 そして、固く絞った布巾などで拭いてやるときれいになります。落ちにくい油汚れがあるときは、布巾に重曹をつけて拭いてやると良いでしょう。

ポットの水垢を取る方法

 ポットの内側にこびりついた水垢をとるには酢を使います。10倍くらいに薄めた酢水を入れて沸騰させ、1時間くらい置いておきましょう。そして、新しい水をいれて再度沸騰させれば、酢の臭いも消えます。

 ポットの中にあるフィルター網は、取り外して歯ブラシでこすります。注ぎ口は水垢がたまりやすいので、消毒用のエタノールを綿棒につけて拭きとれば、きれいになります。ポットは使わない時は水を抜いて、内側を乾燥させましょう。

冷蔵庫の掃除方法

 冷蔵庫の汚れは、場所によって異なります。冷蔵庫の上部は、ほこりがたまりやすいので、こまめにほこりを落として水拭きをします。取っ手や扉部分は手あかが主な汚れです。ぬるま湯に中性洗剤を混ぜて固く絞ったタオルで水拭きをします。冷蔵庫内部の掃除は、取り外せるものは取り外し、水洗いをして乾燥させます。パッキン部分は消毒用のアルコールを大きめの綿棒につけて拭くと良いでしょう。

冷蔵庫の汚れを防止する方法

 冷蔵庫のドアポケットは、調味料などがこぼれて汚れがつきやすい部分です。そんなドアポケットには、内側にキッチンペーパーを敷いておきましょう。もしも調味料がこぼれても、キッチンペーパーが吸い取ってくれます。

 冷蔵室の棚やチルドケース、冷凍庫の汚れを防止するときは、アルミトレーかアルミホイルを敷くのがおすすめです。棚板や庫内の底に敷いて、汚れから冷蔵庫を守りましょう。

 野菜室の汚れを防ぐには、野菜室の底にキッチンペーパーか新聞紙を敷いておきましょう。特に新聞紙はサイズが大きいので、広い野菜室の底をしっかりと覆うことができます。底面に敷いた新聞紙は、四隅を野菜室の側面に沿わせるように立ち上がらせておくことがコツです。新聞紙の下に汚れが入り込むのを防ぐことができます。

ミキサーの掃除方法

 ミキサーの中の汚れを掃除するには、水と洗剤と卵の殻をミキサーに入れ、電源を入れて回します。簡単に汚れが取れてきますので、後はゆすいでやりましょう。

生活家電の掃除方法

洗濯機の掃除方法

 洗濯機は、目には見えないものの汚れがかなりついています。いつも清潔に洗濯をするためには、いろいろな箇所の手入れが必要です。

洗剤投入ケース・ごみ取りネット・フィルター類

 洗剤投入ケース・ごみ取りネット・フィルター類は取り外して水洗いします。石鹸カスが付いていることが多いので、歯ブラシなどでこすり取りましょう。ケースを外した時には、ケースの納め口も汚れを落としたあと、固く絞った布で拭いておきましょう。ごみ取りネットやフィルター類は裏返してごみをかき出し、水中で水洗いをするときれいになります。

操作パネル・フタ・本体の外側

 本体の外側と操作パネルは、固く絞ったやわらかい布で拭きます。汚れが取れない場合は、水で薄めた中性洗剤をつけて、拭き取ってから水拭きをします。フタはホコリが結構ついているので、掃除機で吸い取ってから固く絞った布で拭きとります。フタの裏側も予想以上に汚れています。パッキンは洗剤カスや糸くずが溜まりやすいので、布で拭いたり、歯ブラシでこすって落とします。

洗濯槽

 定期的に掃除をするのなら、酢が便利です。洗濯機に水を張り、酢をカップ2杯ほどいれて、しばらく放置しておくと、汚れが取れて除菌効果も得られます。何か月も、放ったらかしにしていた場合は、酢では汚れが落ちきれません。そんな時は、市販の洗濯槽クリーナーを使って、槽洗浄をしましょう。

アイロンの底の焦げ付きを取る方法

 イロンの底が焦げ付いて、すべりが悪くなった時は、新聞紙などの上に塩をまき、アイロンの底をこすりつけるように動かすと、きれいに取れます。

掃除機からの臭いを防止

 除機をかけたとき、排気口から嫌な臭いが出てくる事があります。これを良い香りにするには、ごみ取り用パックを交換する時にあらかじめ、パックに香水や芳香剤などの香りをつけておきます。すると掃除をする度に、良い香りが立ち込めます。

テレビの静電気を抑える方法

 テレビの画面は静電気を発生しますので、どうしてもほこりを引き寄せてしまいます。テレビ掃除は、表面のほこりを落とすことからはじめます。 ほこりがついたまま拭いてしまうと、画面を傷つけてしまいます。 テレビの電源を切り、柔らかい毛先のブラシを使ってほこりをはらいましょう。そのとき 、掃除機も使って吸い取りながらはらうと効果的です。

 液晶画面は、専用のクリーニングクロスを使って拭きます。 クリーナーや洗剤を使うと、キズがついてしまう恐れがあるので極力さけましょう。 繊維が細かなクロスを使えば、指紋汚れまで、すっきり落ちます。 力は入れずに、優しくこするように拭くのがコツです。

 仕上げは、柔軟剤かリンスを10倍くらい薄め、タオルにしみ込ませて拭きましょう。 柔軟剤やリンスは、静電気を抑える効果があり、ほこりがつきにくくなります。テレビ台など周辺も一緒に拭いておくと良いでしょう。テレビをほこりから守ることは、テレビを長持ちさせることにつながります。

リモコンやキーボードを汚れさせない

 リモコンやキーボードなどのボタンの隙間に入ったゴミやほこりは、掃除するのに苦労します。入ってしまったほこりをとりだすには、エアーダスターが便利です。きれいに掃除することで、ボタンのトラブルが起きにくくなります。また、エアーダスターを使用した後は、細かいホコリを濡れた綿棒で絡めとることで、より綺麗になります。きれいにした後は、保護シートなどを巻いて汚れをシャットアウトしましょう。

掃除
スポンサーリンク
tomatoをフォローする
スポンサーリンク
節約生活・暮らしの知恵袋

コメント