上手なジーパンの洗い方

上手なジーパンの洗い方 洗濯

上手なジーパンの洗い方

ジーパンの洗濯方法

色落ちが全く気にならないなら、洗濯機で普通に洗います。すりきれ予防に、ネットに入れて洗濯すると良いでしょう。ただし、他の洗濯物に色がつく場合があるので、注意してください。単独で洗うのが面倒なら、ジーンズを裏返して洗濯すると、色落ち・色移りを多少抑えることができます。

色落ちが気になる方は、洗濯機の手洗いコースや弱流で洗います。ボタンとファスナーを閉め、裏返してネットに入れて洗いましょう。そして、水は多めにいれ、中性洗剤もしくは、ジーパン専用の洗剤を使用します。脱水は30秒くらいが良いです。ただしこの方法でも、多少に色落ちはあります。

極力色落ちしないジーパンの洗い方

手洗いがベストです。洗剤は使わないか、ジーパン専用のものを使用しましょう。洗い桶に冷水を入れ、ボタンとファスナーを閉め、裏返したジーパンを浸け込みます。15分ほど浸けこんだら、30秒脱水、そしてきれいな水ですすぎ、10秒脱水を2回繰り返します。油や泥で、ひどく汚れた時以外は、これだけで充分です。尚、水の温度が低いほど色落ちしにくいです。

色落ちしたジーパンを復活

色落ちしたジーパンを復活させるには、新品のジーパンと一緒に洗うことです。ぬるま湯で一緒に洗うことにより多少、色が復活します。

ジーパンの色落ち防止方法

はじめてジーパンを洗う前は、濃い塩水を作り1日以上、浸け込んでから洗濯します。すると、色落ちしにくくなります。2回目の洗濯からは、普通に洗っても大丈夫です。

のりつきジーパンの洗濯方法

ヴィンテージものの、糊つきジーパンを買った時は、初めの洗濯が肝心です。お風呂で糊を落とすと便利です。残り湯のぬるま湯に、ジーパンを浸け込み、足で踏みつけます。すると、お湯の色が青くなりますので、形を整えて、そのぬるま湯に一晩浸けこみます。そして、裏返してボタンとファスナーを閉め、洗濯機ですすぎ洗いをし、脱水をし、形を整えて干します。乾燥すれば、何日間か穿きこなし、ジーンズ用の洗剤を使って、洗濯機で普通に洗います。何度か、穿きこなす-洗濯・乾燥を繰り返していると、ジーンズは縮んでき、自分の体型に馴染んできます。尚、乾燥機で乾かすと、すぐに縮みますが、何日間か掛けて、体に馴染ませるように縮ませた方がベストです。

ジーパンの上手な干し方

ジーンズを洗濯した後は、乾燥機は使わない方が良いです。素材が綿の場合には、縮んでしまうことがあります。ジーンズは干して乾かすのが基本です。

ジーンズを干すときは、裏返したまま、軽くたたいてシワを伸ばして干します。直射日光を当てると、色落ちや変色の原因になるので、陰干しをしましょう。また、室内干しでも問題はありません。尚、ジーンズの中にまで風が行渡るようにに意識するとより早く乾かすことができます。

裾から吊って干す

洗濯バサミで裾をハンガーなどに固定して、逆さ吊りにします。自重でシワが伸びて、綺麗な仕上がりになります。尚、ポケットの生地が重なっているところの風通しは、良くしておきましょう。また、速く乾かしたいときには、途中でジーンズの上下を入れ替えます。洗濯物は上から少しずつ乾いていきますので、しばらくしてから、上下を入れ替えることで早く乾かすことができます。

筒状にして干す

ピンチハンガーを使って、裾が広がるようにジーンズを干すと、風の通り道ができ、早く乾きます。また、仕上がりもよくおすすめです。

洗濯
スポンサーリンク
tomatoをフォローする
スポンサーリンク
節約生活・暮らしの知恵袋

コメント