ガス代の節約

キッチンでガス代の節約

キッチンでガスコンロを使用するとき、ちょっと意識をするだけで簡単にガス代が節約できます。ここでは、キッチンでガス代を節約する方法を紹介します。

火加減の調節で節約

ガスコンロで料理する際は、なべから火がはみ出ないように、調節しましょう。なべから火がはみ出ているとそれだけ、余分なエネルギーを消費しています。

水滴を拭き節約

なべの底などに水滴がついている場合、その水分を蒸発させる為に、余分な熱エネルギーを消費してしまいます。なべの底の水分をふき取りましょう。

同じコンロで節約

料理をする際、時間に余裕があれば、一つのコンロで調理しましょう。コンロ自体を熱っするのに必要な熱エネルギーの節約になります。ガスを止めずに続けて料理するのがコツです。点火するときには、結構ガスを使います。

同じなべで節約

一度温まった、鍋などを使うことにより、鍋自体を熱っするのに必要な熱エネルギーの節約になります。

平らな鍋で節約

底が平らな鍋は、熱の伝わりが良く、熱エネルギーのロスが少ないので節約となります。

落としぶたをして節約

落としぶたをすることにより、上部から熱エネルギーが逃げるのを防げ節約となります。また、短時間で料理できます。

コンロの掃除で節約

ガスコンロのバーナーが目詰まりをおこしていると、火力が弱まり、十分にエネルギーを伝わらなくなります。こまめに掃除することで、熱効率のロスを防ぎましょう。

電子レンジで節約

コップ一杯のお湯や、野菜の下ごしらえなどは、ガスで沸騰させるより、電子レンジで加熱するほうが節約となります。野菜の下ごしらえの際は、水を少なく入れるのがこつです。又、水の代わりにビールを入れると短時間で下ごしらえができます。

圧力鍋で節約

圧力鍋は熱が逃げにくくなっていますのでガス代の節約になります。又、調理時間の短縮にもなります。土鍋にも同じような効果があります。

お風呂編でガス代の節約

ガス代のなかで最も大きな割合を占めるのは、お風呂に使うガス代です。ガス代の節約は、お湯を沸かす量を節約することで節約の効果が大きくなります。特に冬場に使うお風呂のガス代は、高くついてしまいます。ここでは、お風呂でガス代を節約する方法を紹介します。

追い炊きはやめましょう

お風呂のお湯が冷めてしまったら、追い炊きで温度を上げる方が多いです。しかし、追い炊きで温度を上げるよりも、給湯でお湯を足して温度を上げる方が、ガス代の節約になります。出来るだけ追い炊きは使わずに、注水を利用しましょう。

お風呂は続けて入り節約

お風呂のお湯は、時間が経てば経つほど冷めてきます。追い炊きをして無駄なガスを使わないよう、家族が続けて入るようにしましょう。

お風呂のふたをして節約

お風呂のふたをしていないと、熱がどんどんと逃げていってしまいます。ふたをして無駄に熱を逃がさないようにしましょう。

シャワーで節約

1人や2人なら浴槽にお湯を貯めて、お風呂に入るより、シャワーを利用したほうが、ガス代、水道代共節約になります。シャワーは出しっぱなしにせず、こまめに出しましょう。

ペットボトルで節約

お風呂を沸かすとき、通常は湯船は8分目くらいまでお湯が溜ってしまいます。この湯舟に貯めるお湯を減らすとガス代の節約になります。お湯を減らすには、水を入れたペットボトルが便利です。あらかじめペットボトルを湯舟に入れて置き、お湯をかさ上げします。

節約グッズの利用

湯舟の保温シートや節水シャワーヘッドなど、節約グッズを上手に活用するとガス代だけでなく水道代も節約できます。 ご家庭のお風呂に合った節約グッズを選び、かしこく節約しましょう。

節約
スポンサーリンク
tomatoをフォローする
スポンサーリンク
節約生活・暮らしの知恵袋

コメント